不審な初心者

本日、子供の学校の近くで不審物(爆発物と疑われた?)が発見されたようで、
一時騒然となりながらも、
結果として回収もしくは安全性が確保出来たようで
授業は滞りなく、無事終了したようです。

子供達にも危険なものには近づかないなどの連絡をすると
学校からアプリを通して連絡が来ておりました。

そしてその体験をした、帰ってきた息子の一言。

息「今日ね、学校で初心者が出たんだよ!!」

\ 初 心 者 が 出 た /

→→→→ \(^o^)/

不審者の間違いかと思いきや、
そもそも始まりは不審物なので一文字も合っていないという…

「あ、あぁ…ならしっかり教えてあげないとね…」
と、言いました…

 

ノートパソコンの液晶基盤交換(LIFEBOOK WA2/M)

また暫く投稿に間が空いてしまいました。お久しぶりです。
今回はノートPCの画面を修理した記事を書いていこうと思います。

さて、モノは5年前くらいに買った(当時)パイスペックノートPC、
LIFEBOOK WA2/M になります。

いつの頃からか、起動すると画面全体がほぼピンクがかっていて、
マトモな色が出なくなりました。
軽く調べるとこの機種の液晶は弱い(壊れやすい)ようですね。

お友達の勤務しているショップに
「これそっちに投げたらいくらくらいで直してくれるの?」
「うーん3万はみておいてもらわないと…」
「3万…こんなのに3万…」
となり、なら自分で治すか。と思いました。

さてさて、液晶を交換する前に、
どの基盤を仕入れたらいいのか下調べします…
すると、「B156HTN03.1」なるものが使えるらしいです。

どれもコレもクソ高い中、

こちらの商品が一番安かったのでこれにしょうかなと…

思ったのですが、米国Amazonを見たら更に安かったので
完全一か八かで米国Amazonで注文かけました。
これが完全なる失敗の元になるとは知らずに…

待つこと約2週間。
米Amazonから基盤が来ました。

早速液晶基盤を交換していきましょう!


まずはノートPCをひっくり返して


下にある細いカバーに爪を引っ掛けて外します。


ネジを外して、バックカバーをスライドするとガバっと外れます。
ここいらの作業は一見必要ではないように見えますが、
これをやってないと液晶を外した時に基盤を痛めるらしいので。


このスライドレバー?をスライドさせて


すると簡単にバッテリーが上に持ち上げると外れます

で、ここまで出来たら、さらにひっくり返して正方向に戻します。
で、液晶部分のサイドの隙間に全周、ピックなり、マイナスドライバーなりを突っ込んで外していくのですが、爪の引っ掛かりが凄まじく、とにかくパキパキ折れていきますwwwww最後で接着剤なりでくっ付けるつもりでいきましょう。


ヒンジ部が外れない…なぜ?


おかしいな~?と裏を見たらまだネジがありました。
2本とも外します。


すると、外装とそれにくっついたタッチパネルがまるごと外れます。
キーボード部に傷をつけないように倒しておきます。


次に、4本のネジを外し、液晶基盤も手前に倒します。


交換前の基盤わっと…
LP156WF4(SP)(H2)、ですか。
これが壊れやすいと噂の基盤です。
(当時)ハイスペックノートなんだからマトモなモノを使って欲しいですよね…


新しい基盤を取り出してさぁ取り付け….ん?
N156HCE-EAAだと?


取り出した箱を見る。
B156htm03.1

….中身違うくね?

ドキドキしながら、まぁとりあえず付けてみるか…と

取り付けてみたらですね。
なんか下の方の基盤が飛び出てるんですよね…

おいこれ絶対違うだろ

と仕方なく米国Amazonサポートに拙い英語で連絡チャットをします。
連絡して数秒後にはサポートから返事があります。
ここへんは流石はAmazonってところ。

ですが初めの人(Dell君)は
「ヘイYOU!俺はよく分からないから代わりのスタッフに代わるぜ!」
となり、即座に別の詳しいスタッフ(Pallavi君)に代わってくれたのですが…

紆余曲折を経て、結局、
「返金するから返品してよ!米Amazonに!送料も25ドルまでは負担するよ?」となりましたが、

私「ここ日本だぜ?どうやって返品するのか教えてよ?」
Pallavi「自分で調べなよ!
私「ぇっ」
Pallavi「ぇっ」

本国でもググレカスが基本とはまさか思わず…
ネット発展期の頃を思い出して切ない気分になりました。

まぁ仕方ないかと思い、
私「なら返品するから返品先の住所教えてよ!」
Pallavi「俺は分からないな! 自分で調べなよ!

\堅い決意/
    \(^o^)/

オワタ━━━\(^o^)/━━━!!!!!

私「ぇっマジ困るんだけど、俺全然分からないから教えてくれない?」
Pallavi「フム…自分で調べなよ!俺は分からないぜ?

オワタ━━━\(^o^)/━━━!!!!!

と何度か繰り返しているウチに何故か分からないがやっと教えてくれました
どうなるかと思ったぜ…

そして送料を調べます…色々な業者がいるけど、
一つを除いて送料が6,000円とかするんだけど….
25ドルどころの話じゃねぇじゃん…
しかもその送料ってどうやって調べて返金するつもりだよ…

先行きがとても不安

仕方ないことなのですが、どうにかならないかと基盤を眺め…
とりはずした故障済みの基盤を眺め…
おもむろに故障した基盤を分解していきます。
するとここで一筋の光が!

この出っ張ってる基盤、どうにか加工出来そうじゃね?


とアホみたいなことを思いつき、
除電シートと思わしき部分を剥がしていきます。
この時点で保証対象外に即座になるのでいい子は真似しちゃダメだぞ


ベリベリベリベリー!!

 卍  解  !  !

やった!予想した通り、金属ベース部分を曲げればどうになりそう!


グイッグイッ
私は完全なる保証の放棄と同時に自由を手に入れたぞー!!
※マトモな人は真似しないで返品しようね☆


やったー!!まっすぐだよーーー!!!!
背筋ピーン!

で、ここからは写真はないのですが、
とてもスムーズに取り付けも出来、発色も正常。
ショップに投げたら3万取られるところが6千円以下で治っちゃったwww
※ただし一切の保証は無い
※なんていうか完全自己責任

という、記事でした。
いやぁ、海外通販は何かあった時はメッチャめんどくさいから、
お金がある人は日本で買おうな!お兄さんとのお約束だ!!!

TP-Link WiFiスマートプラグ のバグについて

さぁ恒例のバグ紹介コーナーです(誰も期待してない)

我が家はスマートスピーカーを使ったスマートハウス化を行っておりまして、
その一環としてスマートプラグを使用したコンセントのON/OFFも行っております。

プラグが不足したので最近更に2個、ポチったのですよ。

 あ、モノはコレです。
安い時には大体4,000円 切るくらいですね。
この記事を書いている最中も3,920円で買えますね。

で、今回はマキタの充電器を管理しようと、
スマートプラグの名前を「マキタ」にしたのですよ。

スマートフォンでのアプリ使用でON/OFFは難なく出来たのですがね。
Amazon Echoと連携して声で指示するのですね。
「アレクサ、マキタを点けて」みたいに。

エラー吐くんですよ。分かりません って。

水槽のライトも同じコンセントで操作してるので「???」となりながらとりあえず数日放置していたのですが、本日妻が解決方法を発見したようです。

名前を「マキタ」にすると声で操作出来ない

という恒例のクソみたいなバグでした。
こんなのが放置されているということは、
他にも反応出来ないワードがわんさか有りそうですねぇ…

なので、もし何かしらで反応しないって人はプラグの名前を別のモノに変えてみるといいかも知れないですね。

中華リレーを試す(セロー250)

最近ですね。
セルを回そうとするとエンジンが掛からないことが数回遭ってですね。
真夜中に掛からなかった時は絶望しましたね。

バッテリーが台湾ユアサだからもう死んだかな。と思ってたんですが、
電圧計ると13Vオーバーあるじゃないですか。

そこで同車種仲間から情報頂きました。
セローはリレーが弱いよ。リレー変えてみたら?と。なるほど!

純正リレーはASSYです。

 はいクッソ高い。送料込みで6K円越えます。

ただ純正の絶対的な安心感はあります。心配な人はこれ一択かと。

検索すると、なんか使えそうな感じの互換リレーを発見。

 ただレビュー見ると端子の取り付けが逆とか書いてあり…

若干不安です…。

なので更に時間をかけて検索しました。

 はい出ましたー!純正の1/4価格w

もはや絶対不具合起こるマンになるべくして生まれた感じの商品。

でも互換を使う以上、一か八かなのは変わらないと判断。
一番安いこちらをチョイスwダメだったら捨てればいいや的な。

 まずはチャッチャと外装をバラしていきます。

 このバッテリーの右隣りに埋まっているのがリレー

 バッテリーからハーネスを外して

 リレーのお出ましです。

 比較してみます。形状は一緒っぽい…

 外してみましたが、付属のヒューズがゴミです。

新しいセルリレーの付属のヒューズが本気でゴミです。
スッカスカで接触している気が一切しません。
ここは純正のヒューズを外して入れ替えて下さい。

あと、リレーを取り付けるゴムのホルダーも全然形が違うので使えません。
純正のホルダーを外して入れ替え推奨。推奨っていうより必須。

 元のリレーがあった場所に戻します。

よく覗き込むと、ホルダーが挿さる突起があるので、そこに挿してね。
そのまま挿さずにぶち込んで振動で壊れても知りません。

 あとは元通り配線を戻します。

しかし電装品が多すぎてなかなか戻りませんね…いつものこと。

さて肝心の結果がですが…
一発始動!

その後も数日乗り回していますが全く不具合が出ていません。
アタリですね。

耐久性が全く未知数ですが、この価格で販売を続けてくれるなら
またすぐ入れ替えれば良いかなと。

お金がある人は純正買って下さい。不安にならずに済みますよ。

  

純正  VS  激安中華

今回は中華で正解だったような気はします。
ではまた。堀切で僕と握手!