中華リレーを試す(セロー250)

最近ですね。
セルを回そうとするとエンジンが掛からないことが数回遭ってですね。
真夜中に掛からなかった時は絶望しましたね。

バッテリーが台湾ユアサだからもう死んだかな。と思ってたんですが、
電圧計ると13Vオーバーあるじゃないですか。

そこで同車種仲間から情報頂きました。
セローはリレーが弱いよ。リレー変えてみたら?と。なるほど!

純正リレーはASSYです。

 はいクッソ高い。送料込みで6K円越えます。

ただ純正の絶対的な安心感はあります。心配な人はこれ一択かと。

検索すると、なんか使えそうな感じの互換リレーを発見。

 ただレビュー見ると端子の取り付けが逆とか書いてあり…

若干不安です…。

なので更に時間をかけて検索しました。

 はい出ましたー!純正の1/4価格w

もはや絶対不具合起こるマンになるべくして生まれた感じの商品。

でも互換を使う以上、一か八かなのは変わらないと判断。
一番安いこちらをチョイスwダメだったら捨てればいいや的な。

 まずはチャッチャと外装をバラしていきます。

 このバッテリーの右隣りに埋まっているのがリレー

 バッテリーからハーネスを外して

 リレーのお出ましです。

 比較してみます。形状は一緒っぽい…

 外してみましたが、付属のヒューズがゴミです。

新しいセルリレーの付属のヒューズが本気でゴミです。
スッカスカで接触している気が一切しません。
ここは純正のヒューズを外して入れ替えて下さい。

あと、リレーを取り付けるゴムのホルダーも全然形が違うので使えません。
純正のホルダーを外して入れ替え推奨。推奨っていうより必須。

 元のリレーがあった場所に戻します。

よく覗き込むと、ホルダーが挿さる突起があるので、そこに挿してね。
そのまま挿さずにぶち込んで振動で壊れても知りません。

 あとは元通り配線を戻します。

しかし電装品が多すぎてなかなか戻りませんね…いつものこと。

さて肝心の結果がですが…
一発始動!

その後も数日乗り回していますが全く不具合が出ていません。
アタリですね。

耐久性が全く未知数ですが、この価格で販売を続けてくれるなら
またすぐ入れ替えれば良いかなと。

お金がある人は純正買って下さい。不安にならずに済みますよ。

  

純正  VS  激安中華

今回は中華で正解だったような気はします。
ではまた。堀切で僕と握手!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です