TP-Link WiFiスマートプラグ のバグについて

さぁ恒例のバグ紹介コーナーです(誰も期待してない)

我が家はスマートスピーカーを使ったスマートハウス化を行っておりまして、
その一環としてスマートプラグを使用したコンセントのON/OFFも行っております。

プラグが不足したので最近更に2個、ポチったのですよ。

 あ、モノはコレです。
安い時には大体4,000円 切るくらいですね。
この記事を書いている最中も3,920円で買えますね。

で、今回はマキタの充電器を管理しようと、
スマートプラグの名前を「マキタ」にしたのですよ。

スマートフォンでのアプリ使用でON/OFFは難なく出来たのですがね。
Amazon Echoと連携して声で指示するのですね。
「アレクサ、マキタを点けて」みたいに。

エラー吐くんですよ。分かりません って。

水槽のライトも同じコンセントで操作してるので「???」となりながらとりあえず数日放置していたのですが、本日妻が解決方法を発見したようです。

名前を「マキタ」にすると声で操作出来ない

という恒例のクソみたいなバグでした。
こんなのが放置されているということは、
他にも反応出来ないワードがわんさか有りそうですねぇ…

なので、もし何かしらで反応しないって人はプラグの名前を別のモノに変えてみるといいかも知れないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です