GIVI 銀箱 開封の儀 (OBKN58A)

お久しぶりです。またしても久しぶりの更新です。
4月には入手していたのですが…書く時間が取れたのが11月…


なんかピザみたいな箱が届きました。
ピザはいいぞ


…ではなく。
これはGIVIのモノキーシステム用の汎用プレートです。
これでキャリアさえあればどんなバイクにも付きそう。すごいぞGIVI。やったねたえちゃん。


開封。なんかデカイ。
明らかにモノロック用ベースよりでかい。


早速取り付け。
なんかかっこ悪い。モノロック用よりかっこ悪い。でかい。でかい。


そうこう取り付けをしていると、クロネコさんが巨大な箱を持ってきてくれました。
でかい。でかい。


オッホオオォォォオォォォ!ラベルすら神々しい!!(何かの病気)


早速開封しましょう。
繭に包まれてるううぅうぅうぅぅ!(狂気)


繭から出す。美しい….
黒箱と迷ったけどやはりGIVIは銀箱がいい。銀箱はいいぞ。


早速ガラスコーティングだ。安心の品質。ワコーズバリアスコート。これはいいぞ。

いいぞばっかり言ってて商品紹介をすっかり忘れていた。

ベースはこれ。ただのプラスチック成形物なのに異常な高さ。ふざけてるの?


銀箱本体はこれ。要約するとアルミの箱なのに地獄のような高さ。
みかん箱載せておけばいいんじゃと自分でも若干思う。
あ、でもみかん箱にはカギはないな。
つまり銀箱はいいぞ。となる(冷静な判断力の欠如)
※全額ポイントで買った。後悔はしていない。


バリアスコートはこれを使った。
中古ならまぁプレクサスあたりでもいいんじゃないかと思ったが、
新品の時にしか出来ないガラスコーティングの魅力には勝てなかった。
ロードバイクにも使えるしまぁいいか。

っと、とりあえず今回の記事はここまでにしようと思う。
まだ追加パーツの記事は別で…(誤注文でやっちゃってるので)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です