第1回 ディスカバリーグルメライド in 児湯 参加記録

2018/2/18
予定通り開催されましたので参加してきました。
一週間前ほど前には若干雨予報だったのでビクビクしながら…

「オイオイ、俺カッパは上しか持ってねーよ」と
レインパンツをヤフオクで監視する日々…

ほぼ曇~快晴で最後まで天気が持ったことにまず感謝ですね。

大会の公式サイトはこちら

100kmコースが1人6,250円、67kmコースが5,250円だったのですが、、
※私達は今回ゆる~く67kmにエントリー。
個人的総評としましては…

・公道の民間人の方々と思われる応援が結構すごい
 (これは結構広告費的なものを使ったのでは?ここはかなり好印象でした)
・エイドに期待して申し込みしたのですが、開会式で
 「エイドは一人一食でお願いします!!」と説明され激萎え
 (実際全然足りなくて空腹。会場前で念のため買っていた補給食で繋いだ)
・100kmコースの最後の坂がかなりエグかったらしい
・67kmは結構走り足りなかった
・各エイドに関門があるのに、エイドの配給が滞っていて無駄に時間が過ぎた
 (高鍋中央公園のエイドがまるで難民キャンプのごとく長蛇の列)

って感じ。
多分第二回があったとしても次は申込みしないかなぁ~。
支払う金額に対して食料が足りない。とにかく少ない。
不満点はここだけ。腹ペコ君にはオススメ出来ない。
逆にこのあたりが解消されているのなら参加する。

でもエイドの量は絶対的不満だが味は良い。
たかなべギョーザが一番美味かった。他のも良き。

それでは恒例の写真ベタベタターイム!

スタート地点の川南町役場
スタート地点の川南町役場
出発前からラリってる危ない人
出発前からラリってる危ない人
どう見てもマトモではない
どう見てもマトモではない

一方その頃の相方を見てみよう….

溢れるイケメン臭
溢れるイケメン臭

何この格差。
ふざけてるの???????

とまぁ、第一目的地の都農町役場を目指します…
サポートライダーさん達のゆる~~~~い速度に付いて走ります。
これはゆるくて気持ちいい!!!
あと前に風除け(ォィ)が沢山いて超ラクwww

都農町役場エイド
都農町役場エイド
トマト鍋
トマト鍋

酸っぱくて美味し!!(もっと量があればとても良い)

キャンベルジュース
キャンベルジュース

キャンベルというのが何のことかはさっぱり分からないけどw
これは甘くてこう…果肉感も残されていてこれも美味し!!

ぐだぐだ味わっている間に元々居たグループ及び、
サポートライダーは既に出発済みww
※風除けww助けてwww

仕方なく出発…会場出てすぐ目の前を結構な速度で通り過ぎた
100kmコースの(相方の)知り合いの後ろに飛びつきますwww

そのまま途中で千切られたら他のグループの後ろにすかさず張り付きながら…

俺ら寄生虫みたいだな」と会話も弾みます!!!!!
※人としてダメ

都農から高鍋に向かう海岸線ルートを進んでいると、、、
あさしお丸近くの道端に沢山のロードが止まって写真撮影をしている模様…

この緩さ、良し!!!

海岸線をバックに
海岸線をバックに
隣は山しかありませんw
隣は山しかありませんw
ここは一つ、グラビア風に...
ここは一つ、グラビア風に…
相方も
相方も

何故か普通のポーズの相方の方がイケメン。
激怒

あとは海岸線終わりからの坂をハァハァ言いながら登るおっさん達。

絵面最悪。

登りきったら後はほぼ平坦だったり下り坂だったりで楽チン。

難なく高鍋中央公園へ
難なく高鍋中央公園へ

ここで問題が。
そう見ての通りの難民キャンプ状態である

配給にたどり着くまで2~30分は待つ羽目になった。
次回の開催があればここへんは平行作業を増やすなりして対策すべきポイントだと感じた。関門があるのにこれはちょっと…

たかなべギョーザ
たかなべギョーザ

一人4個。

少ない

ここは10個は欲しい。
いや個数がダメなら、

なぜ白米が無い???

餃子には白米でしょう?????

と、やり場の無い憤りを感じざるを得ない。

ひょっとこ堂のマンゴーゼリー
ひょっとこ堂のマンゴーゼリー

こちらは個人的にもう少しマンゴーの果肉感というか、、果汁のパーセンテージを増やした方が良いのではと感じるお味。
美味しくない訳では無いが、特色を出すには更にもう少し、が必要な気がする。
※あくまでも個人の味の好みであり、一般的にはどうなのかは知らない。

お次はエイドを出てすぐに坂がお出迎え。
ハァハァしながらおっさん達が(r
※絵面最悪なので省略します

そして空腹のまま新富町エイドステーションへ。

エイド 新緑園
エイド 新緑園
鶏の炊き込み飯おにぎり
鶏の炊き込み飯おにぎり
イチゴ、完熟きんかんたまたま
イチゴ、完熟きんかんたまたま

量足りNEEEEEEEEET

運動すると何もかんもUMEEEのだが、消費カロリーも多いもんだから需要と供給のバランスが完全にアンバランス。アンバランスなkissをして。

そしてまたエイドを出ると1分で坂。
こちらはお腹いっぱいにさせるつもりのようだ。

途中、何故か分岐でスタッフが居なくてルートを間違ってみたり…
パンクしたり…

最後のエイドは木城町役場。

山菜ビーコー
山菜ビーコー
山菜おこわです。
山菜おこわです。

もちもちしてます。
あと組み合わせが全然合ってないけどコーラを2杯飲んだ。
※コーラなら2~3杯飲んでも大丈夫そうな雰囲気だったので

そして出発地点でもある川南町役場に戻るのですが…
坂らしい坂は1箇所くらいだったと思うので気楽なものです。
最後はスプリントを楽しみ、ゴールです。

ちゃんとゴールにもエイドが用意されていました。

びんちゃんコロッケ/あら汁/魚寿司
びんちゃんコロッケ/あら汁/魚寿司

エイドの女の子がお客が来てない時はため息ばかりついてて凄く疲れていたのが印象的でしたw普段の業務とはまた違った感じで疲れるのでしょうね。お疲れ様です。

ちゃんと記念撮影ポイントも用意されていましたよ。

ネタが思いつかなくてただのアホ顔
ネタが思いつかなくてただのアホ顔
それに引き換えこの好青年
それに引き換えこの好青年

もう何の嫌がらせなのかと思いますね!!!

合コンの盛り上げ役持ち帰り役のようですね!!!!!

こんな巨大風船どこに売ってるのよ。
こんな巨大風船どこに売ってるのよ。

そして家庭の事情で閉会式を待つ時間もなく会場を去りました…

そして皆さん、覚えておいででしょうか…

ボヴ家の壊れたインターホンのことを。
指摘したら速攻で新しいインターホンを注文して、
頻繁にインターホンを見るためだけにライドして来いと言っていた彼のことを。

安心して下さい。押しに行きましたよ。
安心して下さい。押しに行きましたよ。

「ピンポーン」

(息子が出て来る)

「あ、とーちゃんとかーちゃんの友達よ!呼んできて!」
(今思えば壮絶に怪しい)

そしてインフルエンザのお二人が出てきました。。。

人の家なのに「帰れ!」と思わず言いましたよ。
わざわざ呼んだのに帰れて。鬼か。

帰宅したらちゃんとパンクしたタイヤとチューブを補修しましたよ。
帰宅したらちゃんとパンクしたタイヤとチューブを補修しましたよ。

また何かゆる~い感じのイベントがあったら参加しようと思います。
良かったら教えてね!!

 

第1回 ディスカバリー グルメライド in 児湯

第1回 ディスカバリー グルメライド in 児湯

に、友人とエントリーしました。(期日ギリギリ)

相変わらず全然乗れてないので、67kmコースにエントリーです。
twitterのフォロワーさん達にも会えるといいなぁ。

エントリーは21日の23:59:59までの申込み&振込完了が条件だったと思います。
迷ってる方はポチッとしませんか~?

ポスター
ポスター

新春おっさんライド

去る2018年1月2日、おっさん二人でロードバイク乗ってきました。

初めはお一人様の予定だったので、日南あたりまで行って帰ってこようと漠然と考えていましたが、突然休みが取れたのかなんなのか分からない友人H(以降ハッシー)とライドすることになり、次に法事か何かで家に居ないと事前に聞いている別の友人B(以降ボヴ)の家に押しかけよう!という話になりました

この時点で意味が分かりません。
わざわざ居ない友人の家に行って何をしようと言うのか。

そして普通に宮崎市内から往復するだけだと50km程度にしかならないから物足りない。だからとりあえず綾まで距離水増しの為に行こう、とスケジュールを組みました。

まずは市役所下河川敷にて待ち合わせ
市役所下河川敷にて

ひとまず市役所下河川敷に8:30に待ち合わせ。

それから綾までサイクリングロードで延々と走ります。
ず~っと平地なのでクッソ楽。

というかですね。平和台大橋過ぎるくらいまでのサイクリングロード、道悪すぎ。
どう贔屓目に見てもこれはママチャリまでの道。
メッチャアスファルトボコボコしてる。
メッチャ砂浮いてる。

途中から堤防に上がりたくなりましたが我慢してキコキコと。

お一人様以外での少人数ライドは初めてだったのですが、前に引いてくれる人がいると凄く空気抵抗違うんですね~。途中から後ろに下がったら凄く楽だった。結構車間があいてたのに全然楽。もうずっと後ろでいたい気分。

綾手作りほんものセンター
綾手づくりほんものセンター

まずは定番の綾手づくりほんものセンターに。

当然のごとく(店は)開いてません

自販機とトイレだけの休憩を済ませ、次のルートを話し合います。

「なんかもう帰っていいんじゃないかって気分になってきた」
「肺が痛い」
「寒い。帰ってネトゲしよう」

などと軟弱さがキラりと光る会話がありましたが、、

「このルートどうよ?」
「あれこれ山じゃね?激坂とかあるんじゃね?死ぬんじゃね?」
「まぁなんとかなるんじゃね?」

ってな流れで次は山越えしての西都に向かいます。
走り出して数キロで早速の坂がお出迎えです。

「うわぁ~坂だ」
「あぁああぁああぁぁあぁぁ!?坂じゃね?これしんどくね???」

とThe 貧脚’sは絶望を感じながら登ります。

登って~
降りて~
また坂が現れて~
下って~
最後かと思ってたのにまた坂が現れて~

この繰り返しで序盤から死にかけます。
まぁなんとか西都入りし、西都インター近くのコンビニでご飯です
※どうせ飲食店はコンビニくらいしか開いてないとの諦めから

途中で京都伏見高校のサイクルジャージ着たローディが入店してきましたが、、
「キモキモキモキモ!」って声かけて上げたほうが良かったのかなと今は思います。

序盤で死にかけたおっさん二人はその後は坂をなるべく避けるルートを選んだつもりがまた坂が現れため息をついたりしながら…なんとか次の目的地の新富に着きました。

ボヴ邸にて
ボヴ邸に到着
早速変顔を
早速変顔を

家に居ないはずの友人に向けて記念撮影を二人で爆撃ラインします。
当然返事はありません。クッソ、真面目に法事してやがる。

ところが私達は気づいてしまった。

彼の家にインターホンを。
彼の家のインターホンを。
壊れてます
こわれてます

さも当たり前かのように書いてます。

「こわれてます」

普通ならあぁ壊れてるのね。仕方ないね。
と思うでしょう。

しかし私達は知っています。
このインターホンが十数年前からこわれていることを。

いい加減に直せよ。

※数日後、彼の嫁に家の画像やインターホンのブログ使用許可を得る際に、突っ込んでおきました。 その後すぐに無線式インターホンを注文したそうですw

そして言われました。
「インターホン直したらまた走りに来なよ」と。

新しいインターホンを見る為だけに走りに来るローディはなかなか居ないと思うぞ…?

今後新しいインターホンの連絡が来ないことを祈ります。

その後は大人しく10号線を南下し…途中から針葉樹林の間を駆け抜けるサイクリングロードで帰りました。初めて走ったけどスッゴ長い。
木ばっかりで途中で飽きるwww

ブッレブレ
ブッレブレ

無線シャッターで撮影したけど超ぶれてる。

今回のルートはここで見れるよ!
https://www.relive.cc/view/1336995687

 

後書き
ボヴ and ボヴ嫁はインターホン取付報告はするなよ!本当にするなよ!

バーミッツ(BARMITTS) ドロップバー用 ハンドルカバー

新装備です!
新装備を導入しました!

 

?分かりませんか?

 

それではもう一度よくご覧下さい
それではもう一度よくご覧下さい

 

何か、見えますね。

 

ロードバイクのスタイリッシュさ、美しさを “全てぶち壊す” ような
野暮ったいものが。

いや、それ以前に色々ゴチャゴチャ付けすぎていて、
ただでさえギリギリラインだったのにですよ。
何かまた増えましたね?

 

さらに寄ってみましょう
さらに寄ってみましょう

 

うっわカッコ悪い

 

これアレじゃね??長靴の中に履く保温用靴下じゃね??

 

このオーラ、やばい
このオーラ、やばい

 

やばいなんてもんじゃない。誰だこんなの付けたのは。

 

俺だ

 

これは何かというと、ロードバイクのドロップハンドル用の
ハンドルカバーです。

最強の”おっさんアイテム“です。

少し前まで0度対応手袋で頑張っていたのですが、
超絶冷え性のワタクシにはそんなものでは対応出来なかった。

ネットでヒーターグローブとか検索していたときに見つけてしまった。
あるんですね。ドロップハンドルにもハンドルカバーが。

誰だよこんなの開発したのは

普通のバイクでハンドルカバーの最強さは嫌というほど分かっているので
ヒーターグローブなんていう文明の利器より当然こちらを考えますよね。
冬場にはハンドルカバーにグリップヒーターがもう最高。至福。
もう分厚い手袋とはさようならしています。アチラは。

さて、表題の通り、BARMITTS(バーミッツ)というメーカー?製です。
もう少しお安いところではゴリックスなんかが出しているのですが、
レビューが全然ないので安物買いの銭失いになるのもなーとこちらにしました。

中はこんな感じ
中はこんな感じ

なんていうか、ギア操作しずらい。
でもきっと慣れる気はする。普通のバイクの方は慣れた。

そして事前に調べた通り、下ハンは握れない。
無理やり握ってブレーキかけれないかっていうと、
なんとかなるかも知れないけど怖い。そんな感じ。

説明書とか。英語だけど。
説明書とか。全部英語だけど。

この説明書も最初に取り付け方読んだら即座に捨てていいレベル。
むしろ無くてもなんとかなる。

あとなんかステッカー付いてる。
あとなんかステッカー付いてる。

 

どこに貼れと

 

せめて2枚付けろよ。
いや付いててもどうするか悩むけどさ。

最終的な判断として、冷え性で見た目を気にしなければ即座に買いかなと。
ネオプレーン製なんだけど、メッチャ分厚い。
多分ウェットスーツくらい分厚い。
なんなら素手で乗っても(暫くは)寒くないんじゃないかってレベル。

 

あとカッコ悪い

 

そう、大事なことなので二回言おう。

 

カッコ悪い

 

でも背に腹は代えられないのでワタクシは使いますけどね。
手が寒くなると動かなくなって安全性にも影響しますしね。

来年のロードバイクの大会もこのままで出よう。
ハンドルカバー最強伝説はロードバイクにも適用された。
おっさん最強。

ということで誰か一緒にロングライド行こうよ。